豊滝龍神の水

公式ホームページ


水汲み情報

2020年6月 今週の水汲み情報

6月14日現在    水汲み出来ます

道路の状況 …車は入れます.
道幅が狭いので、譲り合っ てお願いいたします

盤龍山信行院境内

豊滝地区の山奥にひっそりとたたずむ龍神を祭る神社、この境内で湧き水を汲むことが出来ます。水質は毎年検査を行っていて良質な軟水です。

盤龍山信行院拝殿

拝殿内は毎年4月、9月のお祭りに開放されます。拝殿前には賽銭箱が置かれています。お賽銭にご協力お願いいたします。(防犯カメラ設置)

水源

手前は古い祠をまとめた屋代。奥に見える建物が龍神の水の水源を守る小屋です。

例大祭のご案内

盤龍山信行院では毎年2回例大祭を開催しています。今年も春季例大祭 4月19日、秋季例大祭 9月19日に行います。一般の方もお参りすることが可能です。拝殿内も開放していますので是非ご参拝下さい。尚、お賽銭、ご祝儀をいただきました参拝者の方にはわずかながらお食事を用意しています。 『お知らせ』春の例大祭はコロナ影響で中止とさせていただきます。

豊滝 龍神の水とは

古くは明治時代、龍神様のお告げを聞いた修験者たちによって作られた神社と言われています。その後、法華宗の宗教結社盤之澤布教所となり、以後、現在の「盤龍山信行院」は昭和29年に宗教法人として登録され、『八大龍王』、「白龍大神」、「浄行菩薩」、「妙見菩薩」、「七面大明神」、「鬼子母神」、「馬頭観音」が一緒に祀られ神仏習合の神社となっています。法華宗の「日浄寺」により守られ、院の氏子、役員によって維持管理しています。地域では龍神様と呼ばれ、湧き水の水汲み場は多くの市民に親しまれています。水は毎年、水質検査を行い美味しいと言うだけでなく実際にアトピーの改善や喘息にも効果があると言われる霊水です。近年は霊的パワースポットとしても大変人気です。神社と境内それと市道から神社までの約500mの舗装されていない山道、これら全てが個人の私有地をお借りしてます。地主さんのご好意で水を汲むことが出来ています。ルール守ってご使用ください。現在、水汲みの蛇口は3つですが将来もっと数を増やせればと考えています。神社、道路の維持管理は、わずかな予算で行っています。拝殿前には賽銭箱を用意していますので、お賽銭にご協力お願い出来ればと思います。 【お祀りしている神様のご案内】①八大龍王…天龍八部衆に所属する竜族の八王。雨や水に関係し、水神様の守護神。法華経(序品)に登場し、仏法を守護する。②白龍大神…白龍は天上界の皇帝に仕えていた竜で縁結びの神様で女性は白龍大神、男性は龍王大神が良いとされる。③浄行菩薩…法華経に出現する菩薩様で、煩悩の汚泥を洗い注いでくださる水徳をお持ちの菩薩様です。④妙見菩薩…インドに発祥した菩薩信仰が、中国で道教の北極星、北斗七星信仰
と習合し、仏教の大黒天や毘沙門天、弁才天と同じ天部の1つとして日本に伝来。妙見とは「優れた視力」の意で、善悪や真理をよく見通す者ということ。⑤七面大明神…七面天女とも呼ばれ日蓮宗系において法華経を守護するとする女神。⑥鬼子母神…安産、子育ての神として祀られている。⑦馬頭観音…観音様は女性的な美しい表情であることが多いが、馬頭観音は憤怒の形相で表され、馬頭明王とも呼ばれる怒りの淋しさによって苦悩や諸悪を粉砕する。 ※菩薩とは、仏様の次に位する者。※龍神とは、竜宮(水の中)に住むと伝えられる龍。水神や海神として各地で祀られている。…………

龍神とは

龍神とは…簡単に言うと地球を守ってくれる存在です。目に見えませんが、物理的な体を持たないエネルギー体で、天照大神やスサノオノミコトのようにこの世を守る神様の仲間です。古代中国から伝わりましたが、それ以前の日本では蛇を豊穣の神として崇める文化がありました。農耕にとって重要な雨、河川、池などは生活に直結する重要なものであり、恵みをもたらすもであると同時に被害をもたらすものでもありました。それら人の手ではコントロール出来ない事象に対して畏敬の念を持って接してきた古代の人々の信仰に龍という存在が組み合わさり龍神様と呼ばれ信仰されてきたとされます。龍神は私たちの身近にいて守護し願望の成就を助けてくれると言われます。龍神様を眼に見て感じる自然現象で最も有名なのが龍神雲です。この雲は龍神様からのメッセージであり守護してもらっていると意味だということは昔から伝えられています。現代でも多くの人々に崇拝される神様ですが、日本の誰でも知っている著名人の数多くの方々も龍神信仰で成功されています。ただお参りしてもご利益はありません。成長したいとか成しとげたいという強い思いが必要です。自ら動き出した人を龍神は見つけて後押ししてくれます。また、近年豊滝龍神はパワースポットとしても人気です。ぜひ、龍神を祭る森からのパワーをいただき霊水で心身ともに癒し、自分回復に努めてみてはいかがですか。

盤龍山信行院

所在地

札幌市南区豊滝1173番地
国道230号線を札幌市内から定山渓に向かって来ますと、石山-藤野-簾舞と来て次が豊滝です。除雪センタ-という大きな建物が右手にありますが、それの400m手前を左手(山側)に入ります。入口に「龍神の水」の看板あります。案内に従って2.2kmほど奥に入って来ますと「龍神の水へ500m」という看板があります。それを左折して山道を上がって来ると到着です。 お問い合わせは盤龍山信行院 事務局 Tel.011-596-2815       

豊滝 龍神の水への問い合わせ、ご意見